さあ来い 卒サラ!          ~悔いのないセカンドライフを目指して~

起業とか資格とか。趣味や思い出話など いろいろランダムに

ブログと銀行口座

よしをです。

 

アナログなわたしですが、自分がブログを始める前から、

いくつか、定期的に訪問しているブログがあります。

お気に入りのブログが、突然更新をストップしたりすると、心配になります。

病気になったのか、或いは…。

今さらですが、放置状態のブログの理由が、やっとわかりました。

それは、「パソコンがクラッシュした」、ということ。

 

パソコンを復旧(あるいは買い替え)したとしても、

ログインIDを失念したりすれば、

ブログは、永久に更新できない事態になります。

おそらく、そのような事情で、ブログが放置されているのだと思います。

 

ちなみに、わたしのブログは、登録無料の、「はてなブログ」です。

もし、現在使用中のパソコンが故障した場合、

ログインIDも忘れてしまったら…。

「さあ来い 卒サラ」は、更新されぬまま、

永遠に、WEB空間を彷徨い続けることになるのです。

そんなサイトやブログが、世の中には、たくさんあるんだろうな…。

 

これと似たケースは、各種会員登録や、銀行の幽霊口座です。

銀行口座の場合、わたし自身も経験があります。

 

みずほ銀行に口座を開設したいと思い、窓口に行ったところ、

わたしには、古い口座(旧・日本興業銀行)があり、

新規口座の開設が難しい旨の回答がありました。

基本的に銀行口座の新規開設においては、

マネーロンダリング対策などで、

どの銀行も、複数の口座を作らせない方針なのです。

 

記憶をたどってみると、たしか大学4年生のとき、

日本興業銀行に入行予定の同級生に、

「興銀ワリコー」への出資協力をお願いされ、

1万円の出資をしたことを思い出しました。

証書をもらった記憶がありますが、

おそらく、その後の何度かの引越が原因で、

紛失してしまったのです(あまりにルーズな話で、恥ずかしいです)。

 

その後、銀行合併により、

ワリコーなどの金融商品は、自動的に銀行口座へ書き換えられました。

その際に、ユーザーには連絡しているはずだが、

わたしの場合は、何度か転居するうちに、

銀行からの案内が、届かなくなってしまったのではないか。

以上が、銀行窓口の方の説明でした。

 

たまたま、口座開設のための確認をしたため、

忘れていた口座があることを知りましたが、

このようなきっかけがなければ、

幽霊口座になっていたに違いありません。

 

ちなみに、わたしの旧・ワリコーに投資した1万円は、

かなりの利息がつき、

現在は、18,000円ほどになっているそうです。

銀行の窓口の方からは、

あらためて住民票など、本人確認ができる資料をもって来店して、

審査を受ければ、返金できる旨の説明がありました。

 

ちょっと面倒だな…。

(↑こういうところが、ダメなんだ!)

 

※銀行員の友人によると、口座の残金をゼロにしたまま、休眠させておくのも、幽霊口座にあたり、銀行としては大変困っているということでした。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。