さあ来い 卒サラ!          ~悔いのないセカンドライフを目指して~

起業とか資格とか。趣味や思い出話など いろいろランダムに

古典落語と法律

よしをです。
腕はいいが、頭の回転が少し鈍い、大工の与太郎が、
しばらく出てこないため、
心配した棟梁の政五郎が、長屋へ行ってみると、
与太郎は、家賃を1両800文ためこみ、
家賃のカタに、大事な道具箱を取られてしまったといいます。
政五郎は、家主の源兵衛に掛け合って、商売道具を返してもらうようにと、
与太郎に1両を渡します。

800文足りないという与太郎に、
政五郎は、いまは、それだけしか持ち合わせがなく、
「1両あれば御の字だ。800ぽっち足りないのは、あたほうだ」といい、
早く返してもらうようにと、与太郎を送り出しました。

家主の家に行った与太郎は、800文足りないといわれて、
「御の字。あたぼう」、をやってしまい、家主を怒らせてしまいます。
怒った家主は、道具箱を返さず、1両を取り上げ、
「残りの800文をもってこい」、と追い返してしまいました。

ほうほうの体で、政五郎に報告すると、
政五郎は、与太郎を連れて、家主に謝罪に行き、
道具箱を返してやって欲しいと頼みますが、家主の怒りは収まらず、
政五郎が、「800ぐらいのことで…」と、思わず口がすべったのに反応して、
ますます意固地になるばかり。
とうとう、政五郎はキレてしまい、啖呵を切って、家主の家を飛び出します。

政五郎は、南町奉行所に調べを願い出ます。
「老母一人、養い難し」という訴状が、奉行の目に留まり、
お白洲で審議されることになりました。

奉行は、家主に対する与太郎と政五郎の無礼を戒め、
家主に対して、即刻800文の支払いを命じます。
そのうえで、奉行は、家主に、こんなことを尋ねます。

「その方(源兵衛)家賃のカタに道具箱を取ったが、質株はあるか」(奉行) 
「恐れ入ります。…ございません」(源兵衛)
「なに、もっておらぬと。質株なく質をとるのはご法度である」(奉行)
「申し訳ございません」(源兵衛)
「罰として道具箱を押さえていた間の手間賃を、与太郎に払うのだ」(奉行)
「政五郎、大工の手間賃はいくらだ」(奉行)
「まあ、一日15匁ぐらいで」(政五郎)
「20日で300匁になるな。源兵衛はすぐに与太郎に渡すのだ」(奉行)

現代の民法では、留置権が認められています。
債権者は、債務者の弁済があるまで、債権の原因となった質物を、
留め置くことが可能です。
しかし、損害賠償請求権を担保にした留置権は行使できないし、
家賃の不払いの担保のために、
債権とは無関係な仕事道具を留置することもできません。

商法では、商業留置権が認められています。
この場合は 双方の商行為が前提であり、
債権者は、直接の債物以外の債務者の所有物であっても、
債務者が弁済するまで、留置することが許されています。
しかし、大家の不動産賃貸は、商行為ではないので、
商法にも充当しません。

江戸時代同様、現代においても、
やはり、営業許可をとって、質屋を営業する場合に限り、
大家は、与太郎の道具箱を留置できることになります。

大家は、質屋を無許可営業していたことになりますから、
現代の法律の場合は、与太郎は、あらためて民事訴訟をおこし、
営業妨害の損害賠償請求をおこなうことになりますが、
この時代の裁判は、訴訟案件を併合するのも、奉行の裁量ですから、
現代と比較すると、スピード感が格段に違います。
大家が、道具を押さえた期間の営業補償を支払うというのは、
妥当な決着です。

800文といえば、現代なら800円程度、
60匁は1両に相当しますから、300匁では5両にもなります。
大家は、ずいぶんと割を食ったものです。


今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。