さあ来い 卒サラ!          ~悔いのないセカンドライフを目指して~

起業とか資格とか。趣味や思い出話など いろいろランダムに

幽霊不動産

 

よしをです。

 

所有者のわからない土地(私有地)が、日本国中に散在しています。

国土交通省によると、国や自治体が把握できない土地の面積は、

2016年段階で、国土の20%を超えている、という試算がされています。

                    

不動産登記制度があるにも関わらず、

なぜ、所有者不明の土地が、多く存在するのでしょうか。

これは、わたし自身、宅建の勉強をしていて疑問に思ったことなのですが、

現行の制度では、不動産所有者が死亡するなどし、

当該土地を相続人が相続した場合、

必ずしも、登記する義務はない(つまり登記は任意)のです。

もし、土地を売却するなどの必要性がなければ、

登記が変更されていなくても、現実的に問題があるわけではなく、

名義人が死亡したままにしていても、罰則規定もありません。

 

不動産の相続には、

親族との協議や、手続き費用、税金など、費用が発生します。

不動産としての価値の高い土地については、

当然、登記が上書きされると思いますが、

農地や山林など、地価の安い土地については、

コストとの兼ね合いから、相続登記をせず、放置されることが多くなります。

 

登記変更を怠って、何世代もたつと、

土地の法定相続人は、ねずみ算式に増えてしまいます。

三世代を経過するだけで、猫の額ほどの土地の法定相続人が、

100人以上になってしまうこともあります。

この場合、対象の土地を処分しようとすれば、

権利者全員の同意が必要で、ひとりでも反対があれば、処分できません。

そういう経緯で、塩漬けになった土地も、日本国中に無数にあるでしょう。

 

自治体では、既に死亡している土地名義人に、

課税をし続けているケースもあるそうです。

相続人の代表や、親戚の誰かが、税金を支払っている場合もありますが、

ほとんどが、滞納状態になっているといいます。

 

今後も、所有者不明の土地は、拡大していくと思われます。

遅きに失した感もありますが、対策がようやく、具体的になりつつあります。

法務省が、裁判所の手続きを経て、所有者不明の土地を、

売却することを可能にする法整備に、着手したのです。

 

この案では、売却代金を法務省が供託金としてプールし、

法定相続人からの訴えがあれば、供託金の一部を返却しますが、

時効が過ぎれば、供託金は国庫に入るという仕組みです。

 

法改正が順調にすすめば、塩漬け状態の土地の活用がすすみ、

不動産市場が拡大し、税収もアップする、三拍子そろった改革として、

大いに期待がもたれています。

 

不動産ビジネスの拡大も、大いに期待できるところです。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

現実と正義

よしをです。

 

わたしは若いころ、正義感が強く、

世の中のさまざまな不正やルール違反に、怒りを覚えていました。

長じるにつれ、

自分自身が、学校や社会で、矛盾や不作為の当事者になる場面もあり、

それらの理由を考えるようになりました。

その結果、社会には、多様な価値観が混在していて、

社会が社会として協調して継続するためには、

特定個人の価値観に基づいた不正や矛盾が、

他者にとっては、必ずしも重大な問題ではない可能性も認め、

個人的には、承諾できないまでも、それをある程度、受け入れながら、

協調して、生きていかねばならないことを、思い知らされました。

 

その反面、己の価値観に基づいた正義の重要性を心に持ち続けることで、

わたしは、社会との折り合いをつけて、これまで生きてきました。

 

何かといえば、最近の日本と韓国との関係です。

隣国にありながら、正義に関する価値観が、

これほどまでに、極端に異なることについて、

日本国民は、思い知らされることになりました。

ニュースやインターネットなどでは、さまざまな情報が飛び交い、

日本の国内情勢は、極限に近く、ヒートアップしていますが、

不思議なことに、韓国では、

いずれの案件も、重大事件とはとらえられていないようなのです。

 

国内では、あれほど反日感情を爆発させている韓国人が、

旅行先や就職先に、日本を選ぶことについては、到底理解ができませんし、

韓国政府が、日本に対して、政治と経済を分離してアプローチするという、

いわゆるツートラック戦術の鉄面皮ぶりや、

虚偽で塗り固めた主張を繰り返し、罵詈雑言を吐き散らすなどの、

韓国政府や政治家の、無礼な振る舞いに対しては、

われわれは、怒りを通り越して、正気を疑う状況になっています。

わたし自身は、多様な価値観を容認する立場にはありますが、

最近の、一連の隣国の言動は許しがたく思います。

 

日本の反論に対して、ブレーキの壊れた状態の韓国政府は、

さらに、ラディカルな言動を繰り返しています。

わたしは、両国の関係悪化は、

いずれ、後戻りできないところまで到達すると考えていますが、

日本政府が、経済制裁にまで踏み切る可能性は薄いと考えています。

 

しかし、日本企業は、政府の決断を待つまでもなく、

リスクを避けるために、自然に韓国を離れていくでしょう。

その結果、半導体や自動車など、韓国の主要産業は、

一斉に斜陽化を迎える可能性があります。

 

経済の失墜を受けて、政治の空洞化も、さらに深刻化していきますが、

もう、日本が手を差し伸べることはできません。

失政続きの現大統領は、先代と同じく、民衆につぶされ、

任期を全うすることは難しいでしょう。

 

今年中に、東アジア情勢が、一気に変わります。

一年度に、わたしたちは、現在と異なる隣国の姿を見ることになります。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

県民投票の憂鬱

よしをです。

 

2月に、沖縄・普天間飛行場辺野古への移設をめぐって、
賛否を問う、県民投票がおこなわれます。
しかし、いくつかの自治体が不参加を表明しているため、
県民の30%が、投票できないという予測がされています。
なかでも、玉城知事が居住する、沖縄市が、
県民投票への不参加を表明しているため、
玉城知事自身が、投票に参加できないかもしれないという、
奇妙な話になっています。

本来、自治体が解決できない、国防や外交、憲法問題など、
国勢レベルで扱うべき案件について、
発信し、行動している地方自治体の議員については、
その政治手法に関して、わたしは、大いに疑問を感じています。

特定のイデオロギー集団に所属し、
ブログやツイッターで、「憲法改正反対!」や、「核兵器反対!」を唱え、
公演活動を通じて、選挙民でもない観衆から喝采を浴びたり、
反体制色の強いデモに参加するなどの行動をみていると、
かれらは、地方議員の皮をかぶった活動家なのではないかという、
疑いをもってしまいます。
こういう地方議員に対して、地域住民がどう感じるのか、
一度アンケートをとって、聞いてみたいぐらいです。

あらためて、確認しておきたいことが2つあります。

法的拘束力のある、地方自治体の住民投票は、
首長および、地方議員選挙に限られています。
したがって、それ以外の事案をテーマにした、
自治体による住民投票の結果には、法的拘束力は一切ありません。
また、当たり前ですが、住民投票には、税金(地方税)が使われます。

地方自治法では、
自治体の首長もしくは地方議会議長から、内閣もしくは国会に、
地方自治に影響を与える法令など」に関して、
意見を提出することができるとしています。
しかし、このような意見書に関しても、
自治体が実施する住民投票と同じく、法的拘束力はありません。
もちろん、地方自治にとって、有益な提案であれば、
意見を取り入れ、国政の場で検討することになるのですが、
地方自治に影響を与える」とはどういう意味なのかを考えれば、
国防や、外交、法律改正などの国政案件が、
意見書のテーマに相応しくないことぐらい、すぐにわかりそうなものです。

しかし、実際には、全国各地の自治体で、
上記のような国政レベルで検討すべき事項に関して、
地方議会のテーマとして議論がされ、ときに意見書が提出されています。
法的拘束力もない事柄について、
何故、このような、無駄ともいえるエネルギー(つまり税金)を、
費やさなければいけないのでしょうか?

すなわち、一部の地方議員がやっているのは、
特定のイデオロギーに基づいた、政治活動なのです。
かれらは、地方議会の場を、
特定のイデオロギー発露のステージとして、悪用しているのです。
本来の、地方議員の責務から逸脱している、これらの活動は、
服務違反ではありませんか?

もし、国政に関わる政治活動をしたいのであれば、
地方議員という立場を離れて、堂々と国会議員を目指すべきだと思います。
わたしは、公立学校における、日教組所属の教師や、
公務員の組合活動についても、同様の考えをもっています。
公務員法に、結社や組合活動の制限があることを、
承知のうえで就職したのであれば、そのルールに従うべきなのです。

法律の善悪は関係ありません。
合意できないのであれば、私立学校や民間企業に就職すればよいのです。


今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

ど素人のデイトレード考

よしをです。

 

先日、サラリーマンを辞めて、

士業で独立した知人と、話をする機会がありました。

独立当初は、毎日ヒマで、やることがないので、

毎日、デイトレードをして、ヒマつぶしをしていたと聞きました。

 

デイトレードって、どんな仕組みなのだろうか。

そういえば、ウルフ村田とかいう、東大卒の女性トレーダーが、

一時よく、テレビに出ていたな、などと思い出しました。

わたしは不動産投資をおこなっていますが、株には縁がなく、

投資といえば、あとは、宝くじぐらいで…(笑)。

 

恥ずかしながら、株取引について、ほとんど知識がなく、経験もないので、

デイトレードがどんなものなのか、少し調べてみることにしました。

 

デイトレードとは、一日で取引を完了させる、株の短期取引のことで、

わずかな値動きで、株の売買を、一日に何十回も繰り返すという、

ゲーム感覚のような、株式投資です。

サラリーマンには無縁な投資だと、勝手にイメージしていましたが、

隙間時間にも、スマートフォンを使った取引が可能だということで、

サラリーマンで、投資をしている人も多いとのこと。

本屋の株コーナーの棚が充実している理由も、今更ながら理解できました。

電車の中で、スマホで熱心に株の情報を見ていた人たちのなかには、

ページを見ているだけではなく、

実際に、取引をしていた人もいたのだと、合点がいった次第です。

 

取引は、手数料が有利なことから、信用取引が主流です。

信用取引とは、証券会社から資金を借りて、株を売買することです。

投資資金の3倍の金額まで、取引で扱うことが可能なことと、

信用売り(保有していない株をカラ売りして、株価が下落したら買い戻す)が

できること、差額決済ができるのがメリットですが、

投資金額以上の売買が可能になるため、

損失リスクが増すのが、デメリットです。

 

デイトレードでは、

普通の株投資に求められる、企業の財務状況や業績分析能力は不要で、

チャートの動きを読み解くテクニックだけが、求められます。

一日の取引は、取引所が動いている9時~15時までで、

デイトレーダーは、この間に、売買を繰り返しています。

株価のわずかな変化を見極めて売買するため、

取引が活発な銘柄をみつけることと、

売買タイミングを見極めることの2点が、売買のポイントになります。

 

個人投資家のブログで、戦法を拝見すると、

デイトレードでは、小さな利益を積み重ねることがポイントだといいます。

そのために、プロのトレーダーは、複数のパソコン画面を観察して、

株価の動きに注目しているのだそうで、わたしは、思わず、

複数の防犯カメラを監視する、警備員を想像してしまいました。

 

この投資家は、1日の利益目標を、元金の1%に設定しています。

毎日、資金の1%を儲けることができれば、

単純計算ですが、元金は100日で、2倍になります。

そして、1年弱で、元金は10倍になる計算です。

 

この投資家は、1日に投資する金額上限に関して、

できれば300万円、少なくとも100万円は必要だと主張しています。

この投資家自身は、元金300万円を基本にしているので、

1%の儲けが続けば、1年後には3000万円になるということです。

あくまで、毎日、確実にプラスになれば、という仮定ですが…。

 

トレーダーの80~90%は、

損失を抱えて相場から撤退するのが、実情だといいます。

 

まあ、博打なんですから、当たり前の話ですが。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

落語の名跡について

よしをです。

 

市川海老蔵さんが、

十三代目 市川團十郎白猿を襲名することが決まりました。

歌舞伎にも、あらたな時代がやってきたというべきで、

ますます、観劇の楽しみが増したように思います。

               

江戸落語は、祖を初代三笑亭可楽とし、

その門下に、「可楽十哲」として、

初代朝寝房夢羅久、初代林屋正蔵、初代三遊亭円生

初代船遊亭扇橋、初代喜久亭寿楽、初代三笑亭左楽、初代東亭鬼丸、

自笑亭里楽、初代宇治新口、初代三笑亭古楽、初代三笑亭可重、

三笑亭可上、三笑亭世楽、初代うつしゑ都楽、二代目三笑亭可楽

つるや萬助、初代川島歌遊、よたん坊ゆ又、初代瀧亭鯉丈、

初代菅良助、二代目菅良助を、輩出しました。

10人ではなく、全員で、21名いますが…(汗)。

 

このなかで、主流の2派が形成されていきました。

 

初代三遊亭円生門下に、初代立花屋圓蔵(のちに二代目円生)や、

初代古今亭志ん生、初代金原亭馬生が、

二代目円生の弟子に、初代橘屋圓太郎、初代三遊亭圓朝が育ち、

初代圓朝の門下には、三代目円生が生まれます。

これが、三遊派です。

 

一方、初代船遊亭扇橋からは、初代麗々亭柳橋が育ち、

その弟子に、初代春風亭柳枝が生まれます。

初代柳枝から、初代春風亭小さん(のちに林家小さん)が生まれます。

これが、柳派の流れです。

 

現在、止め名(以後の襲名をしない)となっている名跡も含めて、

三笑亭可楽を筆頭に、林屋(現在は林家)正蔵三遊亭円生春風亭柳枝

春風亭(現在は柳家)小さん、の5つが、落語界の大名跡といえるでしょう。

 

落語家は、前座から真打になるまでに、いくどか改名をしますが、

誰が襲名を決めるのかは曖昧です。

基本的には、師匠が弟子に名前をつけるのですが、

歴史のある名跡については、襲名の扱いは難しくなります。

現代でも、名跡をめぐって、しばしばトラブルを巻きおこすことがあります。

 

落語の場合、歌舞伎とは異なり、必ずしも、世襲ではありません。

落語はひとり芝居ですから、実力のあるなしは、

舞台に立てば、すぐにわかってしまいます。

したがって、実力のない縁故者(名人の子どもや孫など)が、

名跡世襲することについては、反発も多くなります。

古今亭志ん生の襲名を逡巡し、志半ばで亡くなった、

古今亭志ん朝志ん生の次男)も、自身は名人上手といわれながらも、

やはり、世間の反応が気になって、決断できなかったのでしょう。

それに比べて、林家正蔵などは…(略)。

 

最近では、七代目円生の襲名をめぐって、紛争になっています。

円生襲名については、

止め名を希望したといわれる六代目未亡人や、息子、

三遊亭鳳楽への円生襲名を希望していた先代円楽の意向など、

さまざまな意見がまとまらず、このまま止め名のままになる可能性が、

高いのではないかと思います。

円生を襲名するような、力のある噺家がいないというのが、

最大の理由でしょうが…。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

昭和の亡霊たち

よしをです。

 

中核派革マル派といった、

いわゆる新左翼が誕生したのは、1960年代前半です。

日本共産党の穏健路線に疑問を抱いた若者が、武力闘争を主張し、

創設されたのが、革共同革命的共産主義者同盟)で、

革共同が、分裂を繰り返し、革労協などの中小規模のセクトとともに、

中核派革マル派が誕生しました。

 

中核派革マル派は、方針の異なりなどから、内ゲバを繰り広げました。

内ゲバによって、数百人の若者が命を落としましたが、

なかには、組織と無関係な人が、犠牲になるケースもありました。

その後、官憲のマークが厳しくなり、

両派らの新左翼運動は、急速にしぼんでいきました。

左翼活動を続けていれば、まともに就職もできないことから、

現実社会に目を向けて、活動から転向する学生が多かったと思われます。

 

わたしの学生時代(80年代前半)は、

新左翼の活動は、ほとんど壊滅状態であり、

大学のキャンパスの片隅に、革マル派学生による立て看板が、

つつましく設置してあった記憶が、おぼろげながらある程度です。

 

現在、中核派革マル派は、

シンパを含めて、それぞれ3000人程度いるといわれています。

もう一方の新左翼団体である、革労協の組織員は、200人程といわれていて、

メンバーの高齢を考えると、消滅するのは時間の問題です。

 

それに比べれば、中核派革マル派は、

まだギリギリ、組織としての体面は保っているものの、

メンバーの中心は、50代~60代であり、

高齢化問題は、やはり同じ悩みです。

 

革マル派オルグの舞台は、現在も大学のキャンパスが中心で、

一部の大学には、自治会やサークルなどの拠点が残っています。

最初は、革マル派の正体は明かさずに、

「戦争法案はおかしいと思わないか」

共謀罪には違法性がある」

などと声をかけ、集会やデモに誘うという、

新興宗教と同じスタイルで、勧誘をおこなっています。

また、革マル派では、現在でも、一部の労組からカンパを集めているようで、

200人ほどいる専従活動家は、他のセクトや警察、

公安などの情報収集を続けているそうです。

 

一方、中核派は近年、武闘路線から公然活動にシフトしています。

原発を前面に出し、反安保、改憲反対、環境問題、外国人参政権や、

貧富差是正などを訴える市民団体に、浸透を図っています。

中核派は、中韓市民運動や、沖縄の基地問題にも、

積極的に関与しているようです。

 

安保反対運動では、SEALDsが国会前でデモをしていたところ、

ビラ配りをしていた中核派のメンバーが止められたことで話題になりました。

新左翼のメンバーは、

左翼陣営のあたらしい時流には、乗せてもらえないようで…。

 

時の流れは残酷なもので、かれらはもう、「新」左翼ではないのです。

時代は、かれらを置いてきぼりにしてしまいました。

まさに亡霊です。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

昭和の恋愛哲学

 

よしをです。

 

デートを経験した大学生の割合は、男子で71.8%、女子で69.3%と、

過去40年で、最低だったということが、

日本教育協会が、2017年に実施した全国調査でわかりました。

男女とも、30%が、デートの経験すらないとは、

驚きを通り越して、ため息がでてきます。

これでは、日本の少子化は避けようもないですね。

 

キスや性体験も、2005年をピークに減少傾向が続いているそうで、

性に消極的な若者の草食化が、着実にすすんでいるようです。

 

とくに、男子の、いわゆる草食化現象は気になります。

 

「(恋愛によって)相手に束縛されたくない」

「コミュニケーションツールの発達により、生身の人間との触れ合いは好まない」

「(恋愛以外の)リクレーションがたくさんある」

「時間がもったいない」

 

いやいや、本当は違うはずです。

性欲は人間としての根本的な欲望だし、

自分のDNAを残したいとか、所有欲などの原始的な欲求は、

人間ならば、誰にでも自然にあります。

単純に、ルックスのいい女子と一緒にいることで自尊心が保たれるなど、

恋愛や交際に前向きな考え方の若い男子は、実は大勢いるはずです。

 

憧れはあるけど、踏み出せない。

これは、心の問題だけではなく、経済的な問題があるともいわれます。

大学生は、女性との交際もできないほど、経済的に貧しくなっているといいます。

 

大学生が受け取る仕送りから、

家賃などの必要経費を差し引いた、可処分所得は、

過去20年あまりで、75000円から30000円弱へと、

60%以上も下がってしまいました。

 

しかし、昔だって、大学生は貧しかったし、

アルバイトをして、なんとかデート代ぐらいは稼いでいました。

 

わたしも、大学の4年間、下宿生でしたが、仕送りだけでは生活できず、

中学受験から高校受験まで、ひとりの男子生徒に、

みっちり4年間、家庭教師として教えていました。

そうやって、友だちとの旅行や、デート代を工面していたものです。

コンパ用にスーツを買ったり、サーフボードを買ったり

まわりも、皆、そんな状態でした。

男子学生たちは、女の子にモテたい一心で、無理をしていました。

 

現在は、20~30年前の昔と比べても、物価は、ほとんど上がっていないし、

アルバイトの時間給もあがっていますから、アルバイトによって、

もっと、遊興費に使うお金は増えていいだろうと思うのです。

30年前にはなかった携帯電話は、今や学生にとっても、必需品であり、

可処分所得を圧縮する、大きな原因であるといわれていますが…。

 

あるブログで、現代の若者の恋愛事情に関して、

「今の若者は忍耐力がないといわれるが、

今は豊かになって、何でも手に入れられるし、

恋愛のように、苦労しなければ得られないものには、

興味そのものを失くしてしまった」

という主張を、発見しました。

 

こんなのは、ただの負け惜しみです。

世の中に、モノは溢れていても、

お金のないきみたちには、ほとんど手にできないが、

恋愛は、苦労すれば、手に入れられるのです。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。