さあ来い卒サラ!~悔いのないセカンドライフを目指して~

起業とか資格とか。趣味などいろいろランダムに

海外不動産投資について

よしをです。

さて、この分野には、まったく知見がありません。

不動産会社の宣伝や、書物やウェブなど、

とりあえず手に入るものから類推するしかないのですが、

個人的な不動産投資の経験から、分析してみたいと思います。

 

このところ、国内の不動産相場も落ち着き、

太陽光発電や不動産ファンドなど、従来型とは異なる投資スタイルにも、

投機的な高利回りが期待できない中、

注目が集まるのが、海外不動産投資です。

 

フィリピン、マレーシア、シンガポールカンボジア、タイといった、

アジアの新興国への投資が人気を集めています。

 

海外不動産年のメリット、デメリットは以下のようになります。

 

(メリット)

・国内の不動産投資と同様、減価償却の活用により、節税効果が得られる

・利回りが高い

 

(デメリット)

・融資をしてくれる金融機関が少ない。融資の条件が厳しい

・現地情報の入手が困難

・カントリーリスクを考慮する必要がある

 

実際に購入する場合は、専門の不動産会社に申し込むか、

海外不動産のセミナーへ参加、もしくは不動産サイトなどで、

業者を選定して購入する、というルートが考えられます。

 

これらの不動産業者は、ほとんど中小もしくは零細企業なので、

信頼性は、計り知れません。

そこは自己責任としても、その先に考えなければならないのは、

物件の価格が、相当割高になることです。

物件価格は、現地向けの価格に、30~50%もの上乗せがある、

という情報もあります。

 

「土地勘」については、

国内の物件購入に当てはめれば、理解しやすいと思うのですが、

たとえば、自分が土地勘の全くない土地の不動産を買うかどうか、

というケースと同じです。

 

国内と異なる事情としては、

投資対象国のカントリーリスクも考慮する必要があります。

 

海外の不動産販売においては、

物件が完成する前から、販売されるケースが多いといいます。

立地や図面だけで判断して、購入を決めることになるのですが、

建物がいつまでたっても完成しないとか、業者が逃げてしまったなど、

日本では考えられないトラブルがおきる可能性があります。

 

不動産収入には、

インカムゲイン(家賃収入)、キャピタルゲイン(売却益)がありますが、

売却の可能性や手順が未知数なのも、不安材料です。

 

したがって、結論は、

・手持ちの現金で買える不動産を選択

・どのみちカントリーリスクはあるので、投資は高利回り商品に限定

の2点に絞られるのではないでしょうか。

 

表面利回り30%などという物件に巡り合えた場合、

4年以内に完全回収できますから、

たとえ売却が難しいとしても、インカムゲインだけで投資として成立します。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

いわゆるキラキラネームなど

よしをです。

 

はじめにお断りを。

いろんな考えがあると思いますが、反対意見の方には、

55歳の初老の妄言として、聞き流していただけたらと思います。

 

キラキラネームとは、一般的な読み方を無視した名前や、西洋風な名前、

キャラクターの名前などを、かなや漢字の当て字で読ませる名前です。

 

以前からは、少し落ち着いてきたようにも思いますが、

相変わらず、奇妙な名前を耳にすることが少なくないです。

息子・Kのさまざまな行事や外出時に、

同世代のお子さんや、その親と、接触する機会が増えました。

なかには、子どもの名前を呼ぶ母親の顔を、

思わず二度見してしまうような、珍妙な名前もあり…。

 

非公式発言ですが、

ある大企業の人事部署にいる、わたしの旧友によると、

多くの企業では、キラキラネームの学生は、採用しない方針だといいます。

理由は、

企業イメージがダウンすること、

当該の学生が、「教養のない家庭」に育てられたことの証明である、

という考え方からだそうです。

 

子どもの親は、おそらく、こんなことを考えているのでしょう。

「個性的であってほしい」

「変わった名前の方が憶えてもらえる」

「就職に有利」 ←(多分、不利ですけど)

名前と個性は無関係だと思いますし、

大切な子どもの名前に、

光宙(ぴかちゅう)とか、厳情夢(がんだむ)とか。

もう、疑いなく、児童虐待だと思います。

 

人生のスタート地点で、ハンデをつけられる子どもは気の毒です。

そういう可能性を少なくしてあげることが、親の務めだと思います。

子どもが、公の場で、自分の名前を呼ばれることや、

自己紹介することを恥じるとしたら、他人ながら、胸を締め付けられます。

以前、当ブログにおいて、

別テーマでお伝えしていますが(「貧困は遺伝する」)、

わたしは、これらの親が、正常な家庭教育を受けているとは思えないのです。

 

自分の名前にハンデを感じている人は、

家庭裁判所での審判を経て、改名する制度もあり、

そういう人を支援する弁護士もいるそうです。

名づけをした親にとっては、子どもに改名されることも、

また、悲しいことに思います。

 

今ではもう、キラキラネームとは言わないのかもしれませんが、

外国人風の名前は、とくに女の子に多いですね。

マリアとか、アンナとか、ラブ、ルナなど。

 

「世界で活躍できる人になってほしいから」

 

子どもの個性と同様に、

海外で活躍することと、名前は、全く関係ないと思うのですが。

森英恵とか、緒方貞子とかじゃ、ダメですか?

 

海外で活躍といえば、

個人的には、まず日本語を覚えることが重要と考えているのですが、

相変わらず、幼児への英語教育が流行っているようです。

あるとき、NHK教育放送を観ていると、

幼児教育評論家が、

「幼児の言語能力には限界があり、2か国語を同時に教えると、

『小さなルー大柴』になってしまう可能性がある」、

と、指摘していました。

 

思わず、お茶を吹きました。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

浮世絵

よしをです。

 

永谷園の「お茶漬け海苔」。

今は、いくらも似た商材はあると思いますが、

昔は、「お茶漬けの元」的な商品は、永谷園のものしかなく、

ほとんど独占状態だったのではないでしょうか。

 

その、「お茶漬け海苔」の景品についていた、

東海道五十三次」のカード。

中年以上の人は、誰もが記憶があると思います。

わたしが初めて浮世絵に接したのも、この広重の浮世絵カードでした。

小学生の頃、せっせと集めていた記憶があります。

 

さて。

大和絵からつながる、初期の浮世絵の歴史は割愛するとして、

われわれが目にする、いわゆる浮世絵の歴史を紐解いてみましょう。

 

1700年代半ばに、「東錦絵」といわれる、多色刷りの版画が登場しました。

一般的には、これ以降の作品を、浮世絵とよんでいると思います。

「東錦絵」は、庶民のための娯楽の一種で、芸術作品ではありませんでした。

始祖は、鈴木春信といわれています。

題材は女性、いわゆる美人画がテーマで、

この頃には、すでに、下絵師、彫師、摺り師の分業制が整っていました。

 

その後、おもな浮世絵作家を時系列でみれば、

喜多川歌麿東洲斎写楽、歌川豊国(歌川派を形成)、

葛飾北斎歌川広重東海道五十三次)、歌川国貞、国芳といった、

作家群が有名です。

 

浮世絵のすそ野が広がるとともに、

美人画のほかに、風景画、風刺画、相撲絵、武者絵、芝居絵など、

作品のモチーフの幅が広がり、

独特な遠近法や、動物を題材にした風刺作品など、

時代とともに、題材や表現のバラエティも豊富になってきます。

最近では、外国人コレクターが買い集めているということで、

ますます浮世絵の希少性は高まっているようです。

 

わたしも、歌川派の作品を何点か所蔵しています。

芳幾、芳虎といった作家で、かれらの作品は、

コンデションにもよりますが、数万円程度で入手可能です。

最初にご紹介した、広重や歌麿歌川国芳の作品は、

大変人気もあり、高価で、とても手が出ません。

とはいえ、普通の絵画と違って、版画は、「一点もの」ではなく、

複数存在するわけなので、コレクションとしては、

取り組みやすいのではないかと思います。

 

江戸時代が終わり、明治時代に入ると、

作品が、横浜絵、開花絵、戦争絵といった内容に変化し、

月岡芳年 河鍋暁斎といった、かなりマニアックな作家も登場します。

 

明治時代の浮世絵は、

服装も近代的に、絵のタッチも写実的な色合いが濃くなってきます。

好みは人それぞれですが、

個人的には、あまり趣を感じられず、蒐集の触手が伸びません。

 

浮世絵を蒐集していて、よい点だと思えるのが、

贋作はすぐに見破れるというところです。

鑑定は簡単で、紙の質や顔料の発色をみれば、すぐにわかります。

また、コピーであれば、裏面を見れば、すぐにそれとわかります。

古い作品は、経年によって、程度の差はあれ、必ず退色(色落ち)します。

顔料の退色は、人為的に作り出すことは大変難しいと思われ、

このことからも、浮世絵の正贋判断は容易にできます。

 

前述のように、浮世絵の難しさは、その管理についてです。

浮世絵の顔料は、紫外線に弱く、管理が悪いと、すぐに色が抜けてしまいます。

とくに、黄色、赤色といった暖色が紫外線に弱いといいます。

 

浮世絵のなかで、全体的に青っぽい作品をみることがあると思いますが、

そういう作品は、もともとそういう色合いだったのではなく、

劣化により、暖色が抜けた状態にあると思われます。

そして、この状態から、さらに顔料が劣化すると、

最終的にはすべての色が消滅し、墨色の線だけになります。

コレクターとしては、

そうならないように、上手に顔料を維持しなければなりません。

 

わたしのコレクションは額装して、自宅の居間に飾っているのですが、

数か月ごとに入れ替え、暗所で「休ませて」います。

最近は、紫外線カットのアクリル板などがあるそうです。

お金はかかりますが、

そちらに切り替える必要もあると感じています。

 

絵でも同じですが、

額装や表装によって、作品は、見違えるように、よくなります。

1~2万円ほど、余分にお金はかかりますが、

絵画を入手された際には、ぜひ、晴れ着を用意してあげてください。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

蚊との戦い

よしをです。

 

わたしの住む町は、古くからの住宅街です。

近くに、やぶや竹林があるわけでもなく、

上下水道も整備されていますが、やたらと蚊が多いのです。

 

我が家では、毎年GW頃から発生がみられ、

以後、半年以上にわたって、蚊害に悩んできました。

玄関前で、人の出入りを待ち構えていて、

わたしの帰宅に紛れて、必ず数匹が、家の中に入ってくるのです。

 

玄関や網戸に吊るすタイプの虫よけ商品も、

あまりの蚊の数の多さに、

充分効果が出なかったように思います。

 

ご存知のように、蚊は水たまりから発生します。

郊外の池や、林の中のちょっとした水たまりだけでなく、

街中でも、植木鉢や空き缶、

駐車場などで使われている、車止めの古タイヤなど、

ほんのわずかな水たまりがあれば、奴らは繁殖します。

 

わたしは、以前から、町内の蚊どもの発生源は、

古い家屋の雨どいや、プランターだと、にらんでいました。

 

昨年、我が家のすぐ近くの長屋が解体され、

今年は、蚊の発生がかなり減少しました。

やはり、古い家屋の小さな水たまりが原因だったようで、

昨年に比べると、蚊の発生は、

わたしの印象では、1/3程度に減っているように感じます。

しかし、完全に撲滅できているわけではありません。

 

何故かといえば、蚊は、排水溝からも発生するようなのです。

 

町内の公共の排水溝は、

ところどころ、ブロック板に空気孔が開けられています。

水は、雨の日には流れますが、普段は淀んだ状態です。

いくら蚊でも、

こんな汚い水の中で、生きていけるのかと、疑問に思いますが、

ところがどっこい、

ボウフラは水中のバクテリアを食べて成長するということで、

キレイな水より、むしろ有機物たっぷりの

汚れた水を好むらしいのです。

天敵の虫や魚がいない環境で、

奴らはのうのうと成長し、わたしたちを襲いにくるのです。

 

驚嘆すべき蚊の一生は、以下の通りです。

 

●成虫のメスは、一度に数十個~200個の卵を産む

●卵は1~2日で孵化、6~7日でサナギ、2~3日で羽化

●成虫は1か月ぐらい生き、メスはその間に3~4回産卵

 

町なかの水たまりには、

ボウフラを襲う天敵は、ほとんどいません。

したがって、一匹のメスが、最大800匹に増殖します。

その内、400匹のメスが、8万匹を産卵し…。

 

根絶が難しいはずです。

 

外で遊びたい盛りの、息子・Kの柔肌を守るためには、

町内の公共排水溝の穴に、殺虫剤を入れまくるしかないのか…。

なかなか解決しない、夏場の悩みです。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

新聞社の闇

よしをです。

いわゆるメディアリテラシー(メディアの信頼度)の話ではありません。

それば、別のブログで読んでいただくとして、

わたしの注目は、経済的な側面です。

 

新聞業界は、発行部数が右肩下がりに減少し続けています。

 

地方紙は、廃刊する社もあるなど、相当厳しい経済状況にありますが、

全国紙は、また事情が異なるようです。

 

歴史が古い企業ということもあって、

全国紙が保有する自社株は、

帳簿価格を大きく上回り、膨大な内部留保になっています。

また、国から払い下げられた土地に建つ本社ビルは、

いずれも都内の一等地にあり、

地方の大都市にも、中心部に自社ビルを保有するなど、

全国紙は、莫大な不動産を所有しています。

したがって、全国紙は、多少の販売不振では揺るがない、

強固な経営基盤をもつ企業であるといえます。

 

しかし、昨今は、

大幅な部数の凋落により、いよいよ尻に火がついてきました。

その理由は、いうまでもなく、ネット媒体の進出です。

新聞社に限らず、テレビ・ラジオ局、雑誌社など、

マスメディア全体が、かつての勢いをなくしつつあります。

 

さて、わたしが指摘する、新聞社の「闇」とは、

メディアの凋落とは別の大きな問題、

押し紙」に関することです。

 

押し紙」とは、新聞社が販売店に対して、

実際の販売部数以上の部数を押しつける行為をいいます。

週刊誌などで、ときどき報じられることもありますが、

押し紙」によって、

新聞社の販売部数は、かなり水増しされているらしい、

という噂が、根強くあります。

 

新聞紙面の広告料は、販売部数を元に決められます。

テレビコマーシャルの料金が、

視聴率を元に、決められるのと同じ理屈で、

広告料金というのは、どれだけの人の目に触れたかで決まります。

 

たとえば、朝日新聞は、かつては800万部の発行部数を誇りましたが、

現在は、600万部まで減少しました。

したがって、その分、紙面広告料金も下がっています。

 

実際の販売部数がもっと少ないとしたら、どうなるでしょうか?

これは、大企業による詐欺行為であり、

社会正義を唱えるマスコミにとって、決定的な打撃となります。

あくまでも、第三者による試算ですが、

朝日新聞の実際の発行部数は、600万部よりも、さらにすくなく、

実際には、500万部を切るのではないかと、いわれています。 

 

押し紙」は以下のような仕組みでおこなわれています。

新聞社が新聞販売店に対して、実売部数以上の新聞を売りつけます。

これだと、一方的に販売店の利益が減ると考えられますが、

実際には販売店は損をしません。

 

それは、折込みチラシ(以下、折込み)の存在です。         

折込み(一部につき4円)の広告費は、

新聞社ではなく、販売店の売上になります。

 

押し紙の金額)<(折込み広告費)になるので、

差し引き、販売店の売上は多くなるという仕組みです。

したがって、「押し紙」は、

新聞社・販売店が納得のうえで、おこなわれています。

 

何が問題かというと、

新聞社は、「押し紙」によって、

広告主から、二重の詐取をはたらいていることになるからです。

 

・発行部数を水増しし、広告費(紙面)を過大に請求している

・配られることのない折込の広告費まで請求している

 

ちなみに、「押し紙」の新聞紙は、誰にも読まれぬまま、

廃品回収に直行します。

 

この悪しき問題を、いつまで放置しておくつもりなのか、

新聞社の良心が問われるべきだと思います。大企業だけではなく、

個人事業のレベルにおいても、

誠実さは、真っ先に問われるべき、根本的な倫理だと思います。

 

卒サラ後の、起業への戒め、

他山の石として。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

太陽光発電投資の現状

よしをです。

 

最近、太陽光発電関連の企業倒産が急増しているように思います。

買取価格の段階的な値下げがあり、

投資としての魅力が薄くなったといわれる太陽光発電について、

現在の状況を調べてみました。

 

いくどか枠組みが変わってきましたが、

現在、太陽光発電は、2つのカテゴリーに分けられていて、

買取価格(@1KWhあたり)も、段階的に料金改定されています。

 

①出力10KWh以下  42円⇒28円  (10年間買取保証)

②出力10KWh以上  43円⇒28円  (20年間買取保証)

※(2012年⇒2019年の金額の変遷)

 

…買取価格は、半値近くまで下がっています。

 

一方で、太陽光発電システムの導入費用は、

1KW@60~70万円といわれていましたが、

最近では、@30万円を切る商品も出てきているようです。

 

つまり、300,000÷28≒10700時間で、初期費用を回収できる計算です。

国内の日照時間は、年間2000時間前後といわれているので、

順調にいけば、

10720÷2000≒(5.4年)で、初期投資は回収完了という計算です。

(ちなみに、@70万円の場合、約12年になります)

また、これは土地が自己所有の場合のシミュレーションであり、

土地から入手する場合は、土地代を勘案しなければなりません。

 

ソーラーシステムの有効稼働期間は20年程度といわれています。

販売業者は、太陽光発電は、一度取り付けてしまうと、

あとのメンテナンスは、一切不要だといいますが、

これを額面通り、受け取っていいのでしょうか?

 

複数の不動産会社に聞いたところ、

太陽光発電システムには、結構、トラブルが多いといいます。

それは、品質の問題や、パネルの汚れ、

取り付け不良などが原因として挙げられるようです。

実際、上記の、@30万円の中国製のソーラーパネルに、

メンテナンスフリーの信頼性があるのかどうか、怪しいです(汗)。

 

また、空き地に、野立てのシステムを設置する場合は、

雑草刈りや、パネルの掃除が必要なのではないかと想像します。

さらに、先日来の水害や台風など、

自然災害によるシステムのダメージも、考慮しなければなりません。

水没するか、強風でパネルが飛んでしまえば、ジ・エンドです。

 

もうひとつの不確定要素は、

買取保証時期(10年もしくは20年)を過ぎると、

発電した電力を、買ってもらえるかどうか、という疑問です。

結論から言えば、しばらくは、買ってもらえます。

ただし、料金は、11年目(21年目)からは@11円へと、大幅ダウンです。

11年目以降、電力会社がいつまで買取を続けてくれるのか、

おそらく…、決まっていません。

 

現在も、太陽光発電投資をすすめる不動産会社がありますが、

リスクを含めて、総合的に考慮すると、

これから土地を仕入れて、

新規に機器を設置して発電事業をスタートするのは、

あまりメリットがないと思います。

(2012年度の買取金額なら、ゼロから投資する価値はあったと思います)

 

もし、投資として可能性があるとすれば、中古物件を買うことでしょう。

 

メリットとしては、

・稼働スタート時の売電料金が適用されるので、電力の買取価格が高い

・購入した瞬間から、収入がある

 

一方、デメリットとしては、

・機器の経年劣化による故障や、発電能力の低下がある

・買取価格が、稼働11年(21年)以降、急激に下がる(@11円)

・さらに長期的な買取ルールがない

 

機械のコンディションや周辺環境などを、現地で確認して、納得できれば、

自然現象や故障のリスクを度胸で乗り越えて、

投資する手もあるのではないでしょうか。

機械の当たり外れは大きそうですが…。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

若者の結婚観

よしをです。

 

ときどき、独身の会社の部下や、取引先の若い担当者に、

それとなく、かれらの結婚観を聞いてみることがあります。

 

いずれ結婚したいという人は、少なくありません。

しかし、結婚を決断するためのハードルが、

すごく高くなっているように感じます。

つまり、結婚の前提条件が、

「いくつ(年齢)までに」、から、

「理想的な人がみつかれば」、に変化しているようなのです。

 

「理想的…」、そういう人が、見つかるといいんですが。

 

男性、女性ともに、同じような傾向があるようで、

わたしは、個人的に、女性の結婚観の変化の原因は、

「男女雇用均等法のせい」、と思っています。

(偏見かもしれませんが)

 

「女性は結婚するもの」、

「子どもを産むもの」、という、伝統的な価値観が崩壊し、

たとえば子どもについても、

「どうしても」、から、

「もし、できれば…」というレベルの認識に、変化しています。

 

実際問題として、

理想の相手が見つかる可能性は、どれだけあるでしょうか?

わたしの周りでは、

理想的な伴侶を見つけられた、という人はおらず、

「まあまあの人」と、結婚したケースがほとんどです。

 

「まあまあの人」と、知り合い、やがてお互いに情が移り、

一緒にいることに安心感が生まれ、

最終的には、お互いの欠点も認めて、結婚に至ります。

いわゆる、「割れ鍋にとじ蓋」のカップルがほとんどです。

 

かりに、お互いの理想が叶ったパートナー同士だとしても、

生活を同じくするうち、すれ違いもあれば、ケンカもする。

欠点が気になるし、相手を憎らしく思うこともあれば、

顔を見たくなくなるときだって、あるはずです。

 

それらの日常の小さな事件を乗り越えて、人生を共にし、

もし、子どもに恵まれたならば、

子どもに、自分の正しいと思う生き方を伝えること、

これこそが、人として生まれてきたことの使命ではないか、

とわたしは考えるのです。

 

優等生すぎますか?

でも、わたしたちの両親も、そうやって、苦しみながら、

結婚生活をおくり、わたしたちを育ててくれました。

 

 

結婚年齢があがっていることもあり、

子どもをもつことが、難しくなってきました。

また、最初から、子どもはつくらず、

夫婦二人で生きていくことを決めているカップルもいます。

子どもを望んでいても、

残念ながら、物理的に難しい夫婦もいらっしゃいます。

わたしは、それぞれの生き方を否定する立場にありません。

 

しかし、経済的な理由で、出産を断念する夫婦があれば、

「二人で努力すれば、何とかなる!」と、アドバイスしたいです。

 

子どもをもつことは、自分の時間を犠牲にすることです。

現在、独身の人にとっては、

想像するだけでも、苦痛を感じると思いますが…。

 

両親が、同じ苦労をしてきたから、わたしたちは、「ここにいる」。

真理は、そういうことです。

 

若い人だけでなく、

わたしと同世代の、40~50代の独身者もたくさんいます。

子どもをもつことは難しいかもしれませんが、

かれらが歳をとって、一人きりになったとき、

自分の人生を後悔しないように、

パートナー選びのアドバイスができたら、と思います。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。