さあ来い 卒サラ!          ~悔いのないセカンドライフを目指して~

起業とか資格とか。趣味や思い出話など いろいろランダムに

美空ひばり没後30年

よしをです。

 

今年は、美空ひばり没後30年になるそうです。

空美波里は昭和12年(1937年)横浜市生まれ、本名は加藤和枝。

平成元年(1989年)に、52歳の若さで亡くなりました。

 

12歳でデビューして、天才少女歌手と呼ばれ、

以後、40年間にわたって、歌謡界の第一線で活躍し、

女性として初の国民栄誉賞を受賞しました。

 

太平洋戦争の折、1943年に父親が出征することになり、

壮行会で、当時6歳のひばりが、歌を歌いました。

参加者が感銘し、涙する姿を目の当たりにして、母親が才能を見いだし、

その後、母子で、ひばりの歌による慰問活動を各地でおこなったのが、

歌手活動の原点だそうです。

 

1946年(昭和21年)になり、

9歳になったひばりは、NHKの「素人のど自慢」に出場しました。

ところが、審査員から、

「歌は上手いが、子どもらしくない」という酷評を受けてしまいます。

母子は、クレームをいうつもりで、審査員の古賀政男を訪ねますが、

逆に、歌手デビューを勧められることになりました。

 

しばらく、地方巡業に同行するなどの活動をしていましたが、

神戸の舞台出演した際、山口組三代目田岡一雄の目に留まりました。

1958年に、田岡氏が代表となった、神戸芸能社の専属となり、

以後、終生、田岡三代目との交流は続きました。

ひばりはのちに、「お嬢」と呼ばれるようになります。

わたしは、田岡氏が、そう呼んだのだと思っていましたが、そうではなく、

「お嬢さん社長」という映画への出演がきっかけだったそうです。

 

ひばりは、1962年に、小林旭と結婚しますが、2年で離婚しました。

しかし、実際には入籍しておらず、ひばりは戸籍上、生涯独身でした。

 

美空ひばりは、数々の名曲を残しています。

その楽曲には、いくつかのカテゴリーがありますが、

特徴的なのは、ほとんどラブソングがないということです。

 

「東京キッド」、「東京ブギウギ」、「お祭りマンボ」、「港町十三番地」、

車屋さん」、「真っ赤な太陽」などの、威勢のいい曲、

「リンゴ追分」、「悲しき口笛」、「悲しい酒」、「裏町酒場」など、哀愁ただよう曲、

「柔」、「人生一路」、「王将」のように、男の世界を歌った曲などがあります。

 

数あるひばりの楽曲のなかでも、

わたしは、最晩年の「愛燦燦」や「川の流れのように」の2曲には、

人生を悟った、彼女の心情が現れていると思います。

 

1988年4月、東京ドームの、こけら落とし興行として、

美空ひばりのコンサートツアー「不死鳥コンサート」がはじまりました。

このとき、ひばりは、すでに重度の肝硬変を患っていて、

大腿骨骨頭壊死で、歩けなくなるなど、再起不能だといわれていましたが、

復帰コンサートでは、見事に39曲を歌い上げました。

 

最期のシングル「川の流れのように」は、秋元康が作詞しました。

 

「でこぼこ道や 曲がりくねった道 地図さえない それもまた人生」

 

このフレーズを聞くと、涙がこぼれそうになります。

亡くなったわたしの母は、美空ひばりと同じ、昭和12年生まれでした。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

ジャニーズ事務所は別に横暴ではない

よしをです。

 

 事務所から独立した、元SMAPの3人に対して、

番組への出演をさせないよう、民放テレビ局に圧力をかけたとして、

ジャニーズ事務所が、公正取引員会から注意を受けました。

 

事務所の創立者である、

ジャニー喜多川氏が亡くなった直後の行政の動きに、

何か、裏の事情があるようにも思いますが、

各新聞社は、素早く反応しています。

わたしは、朝刊一面で、このニュースを見た瞬間、

また、芸能人の薬物汚染問題かと思ってしまいました。

 

公正取引委員会は、

ジャニーズ事務所の行為を、独占禁止法に問うています。

独禁法では、排除措置命令、課徴金納付命令という、

罰則が設けられていますが、

ジャニーズ事務所は、罰則処分ではなく、「注意」を受けました。

通常、公取委は、「注意」の場合は、プレスリリースをしないので、

三者には、情報は伝わらないはずですが、

新聞報道では、「関係者が明らかにした」としているので、

おそらく、ジャニーズ事務所のスタッフ、

もしくは、元SMAP3人に近い立場の関係者による、

リークがあったのでしょう。

 

さらにつけ加えるなら、

この件は、テレビでは、あまり大々的に報じられていません。

新聞社は、ジャニーズ事務所の恩恵をほとんど受けていないので、

「注意」程度の情報であるにも関わらず、

あえて大げさに、取り上げているという面があるでしょう。

 

昔から、芸能界には、

事務所を辞めると干されるという、暗黙のルールがあります。

事務所とすれば、時間と経費をかけてタレントを育ててきたのに、

ようやく稼げるようになったとたんに、独立や移籍されてはたまりません。

業界における圧倒的なガリバーであるジャニーズ事務所にしても、

所属する人気タレントが、独立して成功してしまうと、

独立の連鎖が止められなくなるという恐怖があるでしょう。

現に、SMAPに後続する人気グループ・嵐の解散が決定しています。

もし、かれらが独立もしくは他事務所に移籍するようなことがあれば、

ジャニーズ事務所にとって、大変な損害になると考えるのは、

ごく自然な反応です。

 

芸能人の事務所移籍における、暗黙のタブーが、

独禁法の処分対象になるかどうかは、微妙なこところです。

昨年おこなわれた有識者会議では、

タレントに対する移籍制限や、無理な条件の強要による契約は、

独禁法違反の可能性があるという指摘があったそうですが、

現実におこなわれていることは、単純なものではありません。

  

圧力があったかどうかといえば、おそらくあったでしょう。

しかし、それは、圧力とはわからない形で、おこなわれたはずです。

 

テレビ局が番組を制作する際、

一番大変なのは、出演者のキャスティングです。

たとえば、新番組がスタートする際には、

特定の大手芸能事務所から、複数のタレントを出し、

出演者の枠を埋めるという手段が用いられています。

テレビ局としては、特定の芸能事務所に、

キャスティングを任せることで、その手間を省けるし、

事務所としては、売れっ子タレントと、二線級のタレントを、

抱き合わせで使ってもらえるということで、

互いの利害が一致しています。

 

この状況を、ほかの業界に当てはめてみれば、

強いディーラーや問屋に仕事が集まるという、

ごく当然の、ビジネスの理屈があるだけであって、

どの世界でも、問屋が強いのは常識です。

 

つまり、元SMAPメンバー3人の、

地上波への露出が減少しているとすれば、

無形の圧力はあったにせよ、

その原因は、テレビ局から、ジャニーズ事務所に対する忖度が、

働いた結果だというのが、大人の解釈です。

テレビ局側の忖度を前提にして、営業活動が違反とされては、

たまったものじゃないと、ジャニーズ事務所は、考えているはずです。

 

 

どんな業界においても、

競争社会にあって、100%クリーンなどということはないのです。

ビジネスが、人間関係や、貸し借りで成立する以上、

普段から、無理の効くビジネスパートナーを重用することは、

ごくあたりまえのことです。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

小川未明の童話

よしをです。

 

子どもに絵本を与えようと、書店でいろいろ物色するうち、

小川未明という童話作家を、はじめて知りました。

 

小川未明は、1882年に、新潟県の高田町(現在の上越市)に生まれました。

かつては修験者でもあった父親は、上杉謙信の熱狂的な崇拝者で、

春日山神社の創建に奔走した人物です。

未明は、長じて上京し、東京専門学校(のちの早稲田大学)で、

坪内逍遥や、ラフカディオ・ハーンの指導をうけ、

在学中から、執筆活動をスタートします。

その後は、小説家として活動しますが、のちに童話作家に専念します。

1961年に、79歳で没するまで、1000作品以上の創作童話を残し、

日本の童話作家の父、日本のアンデルセンと呼称されている人物です。

 

わたしの目に留まったのは、かれの童話の作風です。

未明の作品には、

童話に似つかわしくない、グロテスクなものが多くあるのです。

 

作品を2つ紹介します。

はじめは、かれの最高傑作といわれる、「赤い蝋燭と人魚(1921年)」です。

 

北の海に棲む人魚が、子どもを産み落とします。

蝋燭屋の夫婦に拾われた人魚の子どもは、美しい娘に成長し、

娘が絵を描いた蝋燭を、神社に灯して漁に出ると、

無事で港に帰れるという噂が広まり、蝋燭屋は繁盛しました。

噂を聞きつけた香具師(行商人)が、蝋燭屋を訪れ、

「人魚は不吉なものだ」などと、夫婦を巧みに焚き付け、

大金を前にした夫婦は、ついに、娘を香具師に売り渡してしまいました。

悲痛な娘は、蝋燭屋を去る前に、白い蝋燭を真っ赤に塗り、

やがて、大きな鉄格子のはまった箱に乗せられて、

香具師に連れられてしまいました。

しばらくのちに、赤い蝋燭を求めた女に、それを売ると、

やがて海は大荒れになり、海岸の町は滅びてしまいました。

 

次に紹介するのは、「金の輪(1919年)」という作品です。

 

病気がちな少年・太郎が、道にたたずんでいると、

ふたつの美しい金の輪を回しながら、少年が現れました。

その晩、太郎は、少年から、金の輪をひとつ、わけてもらう夢を見ました。

その翌日、太郎は熱を出し、数日後に、亡くなってしまいました。

 

「金の輪」の少年は、死神だったのでしょうか。

ふたつの金の輪は、輪廻をあらわしているのではないかなど、

大人であれば、さまざま想像するところですが、

子どものインスピレーションを想起させるための童話としては、

ただただ、ショッキングなストーリーなのではないでしょうか。

 

小川未明の人物像ですが、

非常に短気な性格で、料理店でも、さっさと注文し、即座に酒を飲み、

食事を終えるといった具合でした。

将棋を指すことが多かったが、指し手は早く、すぐに勝負がついたとか、

壺の蒐集と、盆栽を趣味としていましたが、

気に入ったものは、すぐに求め、飽きると人にあげてしまった、

などというエピソードが残されています。

また、人付き合いの幅が極端に狭く、偏狭な性格だったといわれています。

 

未明の童話が、ほとんどが短編だったことも、

かれの短気な性格に、起因するのではないかともいわれています。

 

未明の作品は、その特異な作風ゆえ、

つねに、賛否両論、毀誉褒貶にさらされてきました。

一時期は、書店から未明童話が姿を消していましたが、

ふたたび評価されて、現在、わたしたちの目に触れることになりました。

 

かれは、自分の創作活動に関して、

「わたしは子どもの時分を顧みて、その時分に感じたことが一番正しかったように思うのです」、

と語っています。

 

わたしは、かれにはどこか、幼稚な暴力的志向があるように感じます。

おそらく、父親のスピリチュアルな影響を多く受けたのでしょう。

その作品は、子どもが読んで楽しむというよりは、

大人が、そのような前提を理解したうえで、読むべき作品群だと考えます。

そうなると、童話として楽しむことにはならないですが…。

 

長野県上越市には、小川未明文学館があります。

機会があれば、一度訪問したいと思います。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

やっかいなヒューマンエラー

よしをです。

 

岐阜市が、市民向けに実施しているがん検診で、

「要精密検査」の通知をすべきだった50代の女性に対して、

「異常認めず」の誤った通知をし、その結果、

胃がんの発見が遅れて、亡くなってしまうという、事案が発生しました。

この女性のほかにも、

「要精密検査」の通知がされなかった受診者が、4人いたそうです。

 

検診の結果は、委託先の受診機関から市に結果が届き、

市職員がデータを入力する仕組みになっていますが、

この誤通知は、いずれも、職員による入力ミスが原因だと判明しました。

マニュアルでは、職員が2人一組で読み合わせをして、

確認することになっていましたが、

実際には職員が1人で確認作業をおこなっていたことがわかりました。

 

ヒューマンエラーの撲滅は難しく、忘れた頃に、トラブルがやってきます。

ときどきニュースになる、赤ちゃんの取り違えなども、

医療現場におけるヒューマンエラーの一種です。

冒頭の事案は、本来あるべきダブルチェックが、

おこなわれていなかったという杜撰な事例なのですが、

ダブルチェックをしていても、エラーが発生する可能性は、

人間が介在している限り、常にあります。

 

ダブルチェックから漏れてしまう原因は、

大抵の場合、誰がどの作業を担当しているのか、

整理できていないことから起こります。

複数の担当者の目をすり抜けてしまうのは、それぞれの境界線です。

たとえは悪いですが、

野球でいうところの、野手の間に落ちるポテンヒットのようなもので、

守備の穴を小さくするためには、守備に特化した対策が必要です。

 

文章の校閲を例に、考えてみます。

文章の校閲の仕事というのは、かなり特殊な仕事です。

初心者の場合、気合を入れてチェックしたつもりでも、

かなりの数の誤字脱字を、見逃してしまいます。

 

どういうことかといえば、

普段の読書と校正作業では、注意の矛先が根本的に異なるからです。

読書の場合は、その内容を理解しようとしながら読み進めるのであって、

誤字脱字を探すために読んでいるわけではありません。

脳が読書モードにあるうちは、誤字脱字を発見しても、

脳内で勝手に正しい文字に変換してしまうのです。

したがって、文字校正をする場合は、内容を理解することを忘れて、

文脈を忘れ、文字の正誤だけを目で追う必要があるのです。

作業中に、心の中に、引っかかっている心配事や、ささいな考え事があると、

それだけで、文字校正の感覚は鈍ってしまいます。

これを未完了事項といいます。

 

これらの教育を最初におこなうことで、文字校正の正確性は格段に上がります。

医療現場や、今回の行政のチェックも同様です。

最初に、チェックの目的と、注意点を確認したうえで、

未完了事項の悪影響を担当者に伝え、作業に当たらせるだけで、

今回の致命的なミスを防げたと思います。

どんな仕事でも、漫然と作業させてはいけないということです。

個人的偏見かもしれませんが、

これが、役所仕事の最大の弱点かもしれません。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

禁演落語と自主規制

よしをです。

 

昭和16年、時局にふさわしくないということで、

廓噺や、間男の噺などを中心に、53演目が禁演噺とされ、

浅草寿町の本法寺に建立された、「はなし塚」に封印されました。

 

このとき、

五人回し、品川心中、三枚起請、子別れ、居残り佐平治、宮戸川

明烏、包丁など、名作といわれる噺も、上演禁止にされてしまいました。

禁演落語は、いわゆる艶笑噺だけにとどまらず、

戦意高揚の妨げになるとして、一部の滑稽噺も封印されています。

 

はなし塚の発起人は、寄席の席亭でしたが、

当時の噺家の名前も、碑に連ねられています。

八代目桂文楽は、

その十八番(明烏、よかちょろ、つるつるなど)が封じられ、

よほど不本意だったか、八代目とするところ、六代目と揮毫しています。

もちネタの少なかった文楽は、この禁演には、かなり困ったようですが、

あたらしいネタに挑戦したという話もなかったというのは、

強情な文楽らしいエピソードだと感じました。

 

志ん生圓生は、満州に慰問の旅に出ました。

志ん生は、「向こうに行ったら、好きなだけ酒が飲める」、

圓生は、「このまま日本にいても寄席はなくなるし、落語ができなくなる」と、

動機はバラバラながら、半ば気軽な旅行のつもりで旅立ちました。

ところがどっこい、2か月程度で戻るはずが、

中共と国民党の内ゲバや、ソ連軍の侵攻で、満州は大混乱に陥り、

2人は、2年以上も当地に留め置かれ、辛酸をなめることになりました。

 

2人は、陸軍の謀略に与し、当時、満州映画協会の理事長でもあった、

甘粕正彦の前で、禁演噺を演じたとか、

その落語会では、NHKラジオのアナウンサーで、

当時、満州駐在だった森繁久彌が、司会をしたとかいわれていますが、

本当の話かどうかは知りません。

井上ひさしあたりの創作のような気がします。

 

戦後まもなくになると、

GHQの指導により、歌舞伎や落語の演目に規制がかけられました。

たとえば、歌舞伎では、「勧進帳」や「忠臣蔵」などが上演禁止になり、

落語では、女性を虐待するもの、仇討もの、宗教を強要するものが、

検閲の対象になりました。

桃太郎、将棋の殿様、巌流島、寝床、宗論、花見の仇討、

ちきり伊勢屋など、合計27席が対象で、

これらはふたたび、はなし塚に葬られることになってしまいました。

 

GHQが指導した禁令は、

たとえば、「桃太郎」は、父親が息子に昔話を話し聞かせるだけの話で、

仇討とは無関係なのですが、鬼退治の描写がまずいとして封印され、

「将棋の殿様」や「寝床」は、民主主義に反するといった具合の、

きわめていい加減なモノでした。

 

現在、禁じられている演目はありませんが、上演自粛の噺は増えています。

障碍者を扱った演目、たとえば盲目の人を扱った噺などは、

ほとんど、テレビで上演されることはありません。

以前、ある噺家がNHKでかけた「明暗」は、

放送禁止用語をすべて排除したものだったので、

盲人の苦悩や臨場感が、まったく伝わってきませんでした。

 

江戸時代から長い年月が過ぎ、

現代の倫理観や文化が変化しているのは、当たり前ですが、

その一方で、真綿で首を絞めるような、自己規制の風潮が蔓延し、

庶民文化をそのままの姿では残せない、

生きづらい世の中になってしまったことも確かです。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

韓国の欺瞞と問題を複雑にするだけのマスコミ

よしをです。

 

経産省による、対韓国輸出規制運用の変更について、

議論を混乱させ、あえてミスリードしようとする韓国政府や、

日韓のマスコミの偏向した報道姿勢、

また、それを煽るようなネット言論の過激化により、

お互いの民族感情が、ヒートアップする事態になりつつあります。

 

今回の、いわゆる3品目の輸出規制や、ホワイト国認定取消に関して、

日本政府は、

これらの戦略物資が、韓国から迂回輸出されたかどうかではなく、

韓国側が、協議に応じてこなかったことを、問題視しています。

文政権になってから、

これら3品目の戦略物資を含む資材の、韓国への輸出が急に拡大し、

その多くの行き先がわからないという事象が発生しているのです。

 

日本では、2004年から、諸外国に対して、

兵器への転用可能な物資を、日本から輸出する場合、

経産大臣への届出と認可を義務付ける、キャッチオール制度を実施しています。

しかし、すべての国に対して、この制度を運用するのは大変なので、

戦略物資の管理をしっかりおこなっている欧米諸国を、

ホワイト国に認定して、手続きを簡略化しています。

そして、どんな政治的配慮があったのか知りませんが、

なぜか韓国も、ホワイト国に追加認定されたのです。

 

以来、日韓2国間で、戦略物資に関する会議を、定期的におこなってきました。

ところが、最近の韓国の戦略物資の管理が、あまりにも杜撰なので、

日本政府が、実状を把握するための協議を持ち掛けたところ、

韓国は、理由を明かさないまま、3年間も協議を拒否し続けているのです。

 

このままでは埒が明かないため、日本は、やむなく、

当該3品目について、キャッチオール規制を導入しましたが、

韓国側が、協議にも応じないという状態のため、

今後、日本政府は、3品目に限らず、戦略物資すべてを対象に、

キャッチオール規制を広げる必要があると判断しました。

それが、韓国をホワイト国の認定から除外するという意味なのです。

 

日本の措置に対して、

韓国は、戦略的に巧妙なプロパガンダを繰り広げています。

 

当初、韓国政府は、

「日本の担当者の不在のせいで、戦略物資会議が開かれなかった」と、

まるで、子どもの言い訳のような説明をしていましたが、

不在の事実はないという日本側の反論を受けると、すぐに発言を撤回し、

その後は、「日本も戦略物資の密貿易があった」と論点をすり替え、

まるで、日本を犯罪国家であるかのように言い立てています。

 

指摘のあった密貿易は、国連安保理決議(2006年)以前の問題であり、

しかも、あえていえば、その事例の大半は、

在日韓国・朝鮮人が経営する会社が関与したものです。

当然、韓国では、このように自国に都合の悪い部分は、報道されません。

 

一方、日本のマスコミは、当該3品目やホワイト国認定取消について、

韓国から第三国(イランや北朝鮮)への、密輸疑惑を前面に出し、

あたかも、それが本題であるかのような報道をおこなっています。

 

これも愚の骨頂で、韓国は、これらの日本の報道を利用して、

自らの無理筋の主張に、ちゃっかりと援用しています。

問題の本質を曖昧にし、論点をすり替える、いつもの常套戦術です。

日本政府は、韓国に対して、証拠もないのに、イランや北朝鮮などへ、

戦略物資を横流ししているという言いがかりをつけ、

それを根拠に、ホワイト国からの除外に悪用しているというわけです。

 

さらに、韓国政府は、実態はまったく逆なのですが、

日本は都合が悪くなるたびに、慰安婦問題、徴用工裁判、レーダー照射事件、

そして、今回の戦略物資や、ホワイト国認定問題といった具合に、

日本は論点を次々に変え、まともな話し合いに応じないなどと、

国内向けに、訴えています。

 

要するに、韓国は、国内や諸外国に向けて、あれやこれや騒ぎ立て、

議論を泥沼に追い込んでいけば、

いつものように、日本が折れてくるだろうとタカをくくっているのですが、

今回の日本政府の決断は、揺るがないでしょう。

 

韓国に活路があるとすれば、方法はひとつだけです。

韓国は、経済がどん底に堕ちるまでに、方針を変えることができるかどうか。

まあ、見ものです。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

金縛りの真実

よしをです。

 

 「金縛り」とは、もともと仏教用語で、

不動明王が賊を身動きできないようにする

密教の「緊縛法」という修法に由来します。

 

多くの人が、就寝中に、体が動かなくなるという体験をしています。

金縛りは、10代から20代の若い頃に始まり、経験者は、女性にやや多く、

頻繁に症状を呈する場合もあり、

金縛り家系といった、体質遺伝の報告もあります。

わたしの知り合いにも

、三世代にわたって、金縛り経験があるという人がいます。

 

体験者によると、かなり長時間に感じることもあるといいますが、

金縛りの症状は、数分程度で、自然に治まることが多いようです。

枕元に人がいるような気配を感じたり、

人影が見えるなどの現象も報告されていますが、

それらの幻覚体験は、体は動かないのに、意識があり、

目覚めているために、起こる現象だといわれています。

 

金縛りの特徴は、筋肉に力が入らず、体が動かせないことにありますが、

実は、これは、特別な状態ではありません。

筋肉の脱力は、毎晩、眠っている間に、だれもが体験している正常な現象で、

普段は、眠っているので、筋肉の弛緩に気が付かないだけなのです。

 

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。

わたしたちは、就寝中、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しますが、

寝付いてから1~2時間でレム睡眠になり、

一晩に3~5回、その周期を繰り返します。

一回のレム睡眠は20分ほどで、明け方になるにつれて時間が長くなります。

このレム睡眠に、金縛りが発生するメカニズムの秘密が隠されているのです。

 

実際に、金縛りの実験もおこなわれています。

寝入りばなに、うとうとした状態でレム睡眠に入ると、

金縛りが起きやすいという報告があり、

実験によると、明け方の長いレム睡眠が出る前に、

被験者を強制的に起こしてから二度寝をさせると、

金縛りになる確率が高いというデータが得られました。

眠りが浅いために、レム睡眠で脱力した状態で、目を覚まし、

金縛りを自覚してしまうのです。

 

オカルトロマンを壊してしまうようで、少々興ざめしますが、

金縛りのメカニズムは、科学的に証明されているようなのです。

 

それでは、事故物件の超常現象や、幽霊が出やすい家というのを、

どう説明するのかということですが、

科学の立場では、ほとんどが、自己暗示によるものだといわれています。

不動産仲介の場合

、事故物件など、忌避条件について、借主に伝える義務があります。

そのような情報をインプットされるために、

自己暗示によって、金縛りや幻聴、幻視が発生しやすいということです。

 

ただ、それだけでは説明できないケースもあると思うのですが…。

すべてが科学的に解明されてしまうというのも、残念な気もします。

 

 

今回も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。